【業者が破産】太陽光発電投資で最大のリスクと言われる『完工リスク』を回避する方法



 
 
破産!


まいど、まなSUNです。


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ


太陽光発電投資において最大のリスクとは一体なにでしょう?


自然災害?盗難?故障? いいえ。


最大のリスクは発電所が完成しないこと。


『完工リスク』と言われています。


そしてこの『完工リスク』を回避する方法としては私は『信販ローン』の利用をオススメします。


まず、なぜ『完工リスク』が太陽光発電投資において最大のリスクなのか? ですが、これはアナタがパッと想像するような台風や火災、盗難、故障といったリスクには保険で対応できるからです。


津波や噴火など保険適用外のリスクもありますが立地を選ぶことで抑えることが出来ます。


戦争のリスクについては確率の問題なので腹を括るしかないです。


これを気にしだすとハッキリ言って家や車のローンも組めません。 日々生きるのも辛いです。


かたや以前から言われていることですが手付金や土地代、材料費を前払いしたのに業者が工事を開始せず連絡が途絶える


『詐欺』や『詐欺まがいの倒産』といったケースが後を絶ちません。


これについては泣き寝入りするか、回収するにしても相当な労力や負担が必要です。


回収できるかできないかもケースバイケースです。


なので発電所が完成しないのに大切な貯金を失う、金融機関から借りた多額の借金だけが残るといった羽目に遭うこと


それこそが太陽光発電投資における最大のリスクです。


f:id:InvestorMana:20210918053713p:plain


また最近ではFIT低圧ジャンルは終息に向かっています。


なのでFITにあぐらをかいてきた業者にとっては将来の事業を見通すのが非常に厳しい局面に差し掛かってます。


だからこそ特にこれからは『完工リスク』には注意するべきです。


では一体どうすれば『完工リスク』を抑えることができるのか?


それは業者と提携のある『信販ローン』を利用する事です。


これは業者の目利きが出来る人や、業者との信頼関係がすでに成り立っている人にはさほど問題になりません。


がしかしそういった目利きの知識や経験、信頼関係がない場合には『信販ローン』を選ぶのはとてもメリットがあります。


『信販ローン』というものは厳密には融資ではなく割賦販売と言われるものです。


【太陽光販売会社】【信販会社】【私(あなた)】の三者間で契約を行います。


なので信販会社から見れば太陽光業者とあなた、どちらも客です。そして信販会社は多額のお金を用意しますので信頼できる相手としか契約したくありません。


だから、まず提携の信販会社があるというのは太陽光業者の信頼度を計る一つのバロメーターにはなり得ます。


それに『信販ローン』というのは支払いタイミングを最大限遅らせることが出来ます。ローン返済の開始前に必ず完工確認が信販会社から入ります。それまではローン返済は開始されません。


つまりそれだけ業者も契約後はかならず発電所を完成させるといった意識を持ちますし、造成や部材を発注した時点でサッサと工事をやり切ります。だって完成させるまでその費用は業者の持ち出しですから。


それを信頼関係のない業者に土地代とか、材料費をこちらが前払いした場合どうなるでしょう?業者は持ち出しが発生しませんので太陽光あるある独特の言い回しでのらりくらりやられて一年とか二年とか待たされてしまうワケです。


首が締まるのはアナタです。


最悪は冒頭に言ったそのままフェイドアウト!連絡が途絶えるって感じです。


話が逸れましたが、つまり太陽光発電所ってのは完成して連系するまでが非常にキモでして、連系してしまえばあとは非常に確度の高い見通しで運営できる事業です。


なぜなら例えば不動産のように退居や空室期間、近隣競合との価格競争といった不確定要素が少なく売上と経費が安定しているからです。


ですから、これから契約を考えているアナタはしっかりと事業シミュレーションして納得のいった計画で、


良くも悪くも太陽光は安定しているので入り口勝負です。ここで決まったものは簡単には変えれません


『完工リスク』によく注意して進めて頂きたいと思います。


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ