関東一円、草刈3回6万円、k氏の相談付き(`・ω・´)キリッ!


太陽光投資で一番重要なのは良い業者を見つけること!良い業者、良い案件に出会うにはとにかく沢山の情報を得ること!【無料】で出来る資料請求だけでもして業者と繋がろう!良い案件を紹介して貰えるかも👇👇

太陽光投資の物件をアドバイス【無料】

《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

今なら限定「メンテナンスガイド」無料プレゼント中!【om’s】

稼働済み太陽光発電所をお持ちの方はこちら

野立て太陽光発電所への投資を検討しているアナタに知っておいてほしいたった一つのこと



 
 
これだけは押さえておいて欲しい!


まいど、まなSUNです。


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

f:id:InvestorMana:20201111201805p:plain
野立て太陽光発電所への投資を検討しているアナタに知っておいてほしいたった一つのこと


たしかに野立て太陽光発電所への投資はサラリーマンでも副業感覚で取り組めます。国が約束する20年間の固定買取価格で安定収入が得られます。FIT制度のおかげです。


私も実際取り組んでみて実感しています。


こんな素晴らしい太陽光発電投資ですが、残念ながら100%儲かるわけではありません。投資なのでリスクはあります。自己責任でお願いします。


ただ、これさえ知っておけば失敗のリスクはかなり軽減できるというポイントがあります。


繰り返しになりますが、本当に大切なことなので語り続けている内容です。


それは『入口ですべての勝負が決まる』ということです。


つまり最初が肝心ってことです。始まってしまうと修正がききません。


太陽光発電というのは良くも悪くも非常に安定しています。短期的な発電量の上下はありますがそれも年間を通してみれば過去のデータに基づいて計算された平均的な値に近づきます。


なので、売上ってものが飛躍的に伸びることはありません。(激減することもないのでそれが魅力なのです)


できる企業努力といえばてるてる坊主を作るくらいでしょうか(笑)


少しでも売上を減らさないようにする努力ってのは必要です。たとえば草刈りやパワコン毎の発電量の監視です。


話が逸れたので戻します。


最初が肝心ということは事業シミュレーションを間違わないようにすることが肝心だということです。そしてこの事業シミュレーションに必要な数字が大きく分けてこの四つ




・年間発電量
・ローン返済額
・税金
・経費


普通は業者がシミュレーションしてくれることが多いです。しかしそれだけを鵜呑みにして信じるのは危険だということです。


自分でも計算してみることが大切です。


とくに最近の分譲案件に目を通してみるとこの年間発電量、これがあやしい案件が目立ちます。そしてこれがローン赤字地獄への入り口となります。


パネル100kWの低圧発電所で年間の予想発電量が130,000kWhとか(笑)


まぐれで20年間のうち一回くらいは出るかも知れませんが、毎年これはあり得ません。


これで儲けが出ると信じて始めると発電量は毎月下振ればかりです。ローン赤字地獄になるのは当然です。


だからこんな悲劇に遭わない為に、アナタには知っておいて欲しいのです。


太陽光発電投資は『入口ですべての勝負が決まる』ということを。


そしてこの計算に必要な年間発電量のシミュレーション方法は太陽光発電の基礎中の基礎なのでこのブログの過去記事でも解説していますし


私のYouTube動画でも解説しています。そしてこれからも何度もブラッシュアップして繰り返し発信していきます。


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ