土地は売買派?賃借派?野立て太陽光やるならどっち!?



シーソーゲーム!
どうも、まなSUNです。

👇👇応援クリックお願いします👇👇

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
f:id:InvestorMana:20200215084432p:plain


売買か?賃借か?
これは人それぞれ状況と戦略により違いますが、


しっかり意識して選ぶ必要がある。と言えます。


これから太陽光投資やろう!って思ったときに分譲業者から案件を紹介してもらう事になると思います。そんなとき色んな条件の比較検討をするんですが案外やっかいなのが土地の取引条件です。


大きく分けて二つに分けられて、その土地を購入するか、借りるかです。借りるバワイはたいてい20年とか定期借地権の設定という事になろうかと。


この二つの取引条件ですがあらかじめ案件ごとに設定されている事が多く、野立て太陽光案件選定の際にもっとも重要な日射量条件や立地条件と共に忘れてはならない確認事項となります。


もちろん戦略次第ですが、日射量や立地条件が文句なしのバワイでも売買か賃貸かの条件次第で契約をあきらめた事もあります。


それぐらい重要だと思ってるので住居選びの際の持家派VS賃貸派みたいな水掛け論ですが、あれこれ悩むのも楽しいですよ。


それぞれのメリデメを想像してみましょうかw
【売買派】
メリット・・・21年目以降もその土地で事業ができる。


パネルもパワコンも長持ちになってきてますから、既存の設備をそのまま活用する戦略がほとんど費用かからず出来るかも。(ちょっと傷んだとこのリフレッシュは要るでしょうが)


それかそん時になってみないと分かりませんが、全面改装して最新の設備でブーストかけるのも面白いかもしれませんwww売電権利があってこそてか売電権利ごとプレミア価格で売れたりしてなんの根拠もありませんが。


デメリット・・・21年目どうしようもない田舎のクソ土地が負動産と化す


そもそも固定資産税が永遠に発生します。


【賃借派】
メリット・・・基本的には固定資産税が不要(契約内容によるかも知れませんが)、それと後腐れなく終われる
風俗みたいww


事業家ではなく投資家に好まれるタイプかと。20年モノの定期預金的な考えの方には向いてますね。こんなけお金入れるんで管理やなんかのランニングも丸投げ、最終撤去費用も計算で差っ引いてIRRはどうか?みたいな戦略です。


デメリット・・・泣いても笑っても21年目に撤退。
嗚呼、良いオンナだったのに・・・w


ま!投資家は愛人見つけるの上手ですから、何股もかけてるでしょうし。不動産やコインランドリー?


あとは地権者とのお付き合いですかね、もうこりゃ勝手に想像の世界ですが、途中で代替わりなんかして相続問題に巻き込まれないか。とか


とある業者は最終撤去費用不要を謳ってますね!設備と土地を明け渡し。


その業者からしたらタダでNon-FIT戦に突入できるんですから美味い話ですよね。売ったときにガツンと儲け、21年後からはタダで売電開始できる。良く考えたもんです。


とまぁこんな感じでメリデメを想像してみたんですが、やはり一概にどちらが良いとは言えません。


未来はどうなってるか分かりませんから( ̄▽ ̄)キリッ


しかし、今ある情報を精査することで、ある程度予想する事は出来ると思います。自分の戦略と意思を持って行動しましょう!!


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


もちろん立地条件も大切です。
www.mana-sun.com


発電シミュレーションは自分でやりましょう。
www.mana-sun.com




👇👇応援クリックお願いします👇👇

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ