関東一円、草刈3回6万円、k氏の相談付き(`・ω・´)キリッ!


太陽光投資で一番重要なのは良い業者を見つけること!良い業者、良い案件に出会うにはとにかく沢山の情報を得ること!【無料】で出来る資料請求だけでもして業者と繋がろう!良い案件を紹介して貰えるかも👇👇

太陽光投資の物件をアドバイス【無料】

《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

今なら限定「メンテナンスガイド」無料プレゼント中!【om’s】

稼働済み太陽光発電所をお持ちの方はこちら

【超注意】信販ローンを先に通させる業者の悪態!!



f:id:InvestorMana:20201019203516p:plain
【超注意】信販ローンを先に通させる業者の悪態

 
 
いい案件を確保するのが目的!


まいど、まなSUNです。


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ


手段と目的はよく入れ替わってしまう事があるので、時々たちどまって振り返る必要があります。


今回は太陽光発電所の信販ローンを先に通させる業者でひどい目に遭われたエピソードを聞いたので紹介します。


全ての業者が悪いわけではありませんが、一部こういった被害が発生してるということの注意喚起としてお伝えします。


それはこんなエピソードです。被害者はとある業者に太陽光発電所への投資を検討していると相談しました。(これは普通です)


するとその業者は案件の決定より先に信販ローンの事前申し込みをしてくれと。(信販ローンに事前申し込みや仮審査などありません)


おそらくどの程度までローンが通るか3つくらいの価格帯で記入させられたのでしょう。


これは私はあまりおススメしないやり方です。申し込み履歴がCIC信用情報にキッチリ残りますから。とは言え事実としてこの手法を使う太陽光販売業者も一定数あります。


それは融資の付かない客を相手にするのは効率悪いから。(ただ私としては案件を決めてから審査することをおススメします)


そしてこの行為自体はアナタが納得して進めるならそこまで大きな問題ではありません。問題はここからです。




見事ローンが通りました。しかし本題の太陽光発電所の案件がパッとしない。すると被害者は他の業者で気になる案件を見つけました。


被害者はここで元の業者に申し込みを取り下げたい。他の業者の案件にチャレンジしたい。こう伝えました。


しかし元の業者はこう言いました。何をふざけたことを。こちらの案件で進めて貰わないと困る。申し込みの取り下げには応じられない。


どうしてもと言うなら違約金として300万払え。


被害者は泣く泣く別の業者の良い案件へチャレンジするのをあきらめました。


そして悪態つくこの業者のパッとしない案件で進める事を決めたそうです。


これはヒドイ話やと思いませんか?


入り口でこんな目に遭わされるくらいですから、今後もきっといい関係なんて築けません。


設計や施工の品質も悪いでしょう。


そもそもいい案件で設計や施工の品質も良ければ他の買い手なんてすぐに見つかります。ということは残念ながらこの案件は完全に地雷です。


これは冒頭に言った手段と目的の明確化をキッチリできていれば未然に防げた被害です。この場合入れ替わってしまった手段というのはローンを通すということ。


これが目的化してしまい、本来手に入れるべき太陽光発電所のいい案件というのがおろそかになってしまった。


業者選びは本当に大切です。なるべく沢山の業者と連絡を取り、アナタの目的をきちっと理解してくれて提案してくれる。


そんな業者を見つけたいものですね。


アナタがより良い太陽光発電ライフを迎えられますように!


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ