貯金をするとお金が減る



 
 
貯金をするとお金が減る!ウソでしょ!?いいえ、本当です。


まいど、まなSUNです。


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

f:id:InvestorMana:20201121120043p:plain
貯金をするとお金が減る


お金は置いておくと額面こそ減りませんがその価値が下がるから。


私がなぜ?副業推進派サラリーマンなのか?それは今の時代ひとつの会社からの給料だけでは守りたい物も守れないし叶えたい夢も叶えられないからです。


これは人それぞれ、例えば大切な家族や友人。または海外旅行に行きたいやゴルフや釣り映画だって見たい、外食したい、毎晩お酒飲みた~~~いw


何でも良いですけど、こんな当たり前のこと、ささいな夢さえ一瞬で吹き飛んでしまう可能性がある。それが今のサラリーマンです。


だから私は日頃からサラリーマンしながらでも新しい事にチャレンジしましょう、副業しましょう、自分のビジネス持ちましょう、投資しましょう、などと連呼してるわけです。


するとね、たまに聞こえてくるんです。こんな声が。副業やビジネスは分かるけどなんで貯金じゃなくて投資なの?別にいっぱい稼いで貯めていけばそれで良いじゃない?


投資なんてギャンブルでしょ?元本割れのリスクだってあるわけだし。貯金しておく方が安全だよ。


たしかに元本割れのリスクはあります。しかし、貯金しておく方が安全だよ。これは本当でしょうか?


実は間違ってるんです。その考え。ここでタイトルの『貯金をするとお金が減る』をお伝えしたいのですが少々荒っぽい言い方なので噛み砕いていきます。




たしかにお金は置いていてもその額面は減りません。だから貯金をしていけばその額面が増えるわけですからお金は増えていくじゃないか、そう思われがちです。


しかし実際は経済というのは緩やかではありますがモノやサービスの価値が上昇していき相対的にお金の価値が下がっていきます。これをインフレと呼びます。


今の一万円で得られるモノやサービスは将来必ず一万円より価格が値上がりしています。


例えば大卒初任給。調査が始まった1968年の大卒初任給は月給3万600円でした。それが最近では20万を超えてます。6倍以上です。


もし当時の初任給を一ヶ月分まるまる置いていたとしましょう。するとそれは今でも3万600円です。額面は変わりません。しかし残念なことにその価値は1/6にまで低下してしまったのです。


これは極端な言い回しですがアナタの身近でも、もっとマイルドですがこれに似たことは起きています。昔まだちっちゃかった頃100円で買えたポテトチップスは今より多く入ってませんでしたか?


今はせっかく大人買いできるようになったのに当時と同じ100円では中身が相当減ってるじゃないですかwこれもインフレです。


これでお金の価値が減っていく事はなんとなく肌で感じられたでしょう。では、銀行に預ければいいじゃないか!預金の利息が付くし。はいはい。


これも間違っています。今の時代は。


昔はそれでも良かった時代がありました。バブル崩壊までは。あの頃は定期預金とかで利息6%とかありましたから。


それで十分お金が増えていた。しかし今は違います。預金の利息なんてほとんどつかない。預けていても増えないうえにATMで引き出した瞬間に手数料でマイナスなんて冗談みたいな世界。w


それに日本円で持っておくというのは日本円にフルBET、投資してるのと同じ状態です。日本円がこれからも永遠に価値を損なわないと言い切れますか?


だったら良いですがそうでない場合、これも投資と同じでリスクのある行為だと言えます。


だから投資はリスクがある、危険な行為だ。貯金はリスクがない、安全だ。というのは実は的外れの意見なのです。


良いですか?貯金をするとお金が減ります。


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ