まなSUNブログ

離婚→借金返済13万円/月→稼がねば→会社員に絶望→めざせFIRE→うつ病→強制的にFIRE→もっと稼がねば。ブログ毎日更新900記事、YouTube150本、太陽光発電4基、資産運用1,200万(Cryptoデルニュー・FXトラリピ・SP500)

【Cryptoデルニュー運用実績】11週目2022年1月17日週のFR(ファンディングレート)受け取りは2,500円、累計で+33,700円でした。暗号資産(仮想通貨)デルタニュートラル戦略

 
 
レッツ! デルニュー!


まいど、まなSUNです。


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ稼ぐブログランキング


【Cryptoデルニュー運用実績】11週目2022年1月17日週のFR(ファンディングレート)受け取りは2,500円、累計で+33,700円でした。


【Cryptoデルニュー】暗号資産(仮想通貨)デルタニュートラル戦略


2021年9月に少額で実践したデルニュー


なかなか手ごたえが良かったので


この度は元本を拡大して本格運用中です。


2021年11月9日~


元本はJPY330万パワー(BTC230、XRP100) 


11週目2022年1月17日週のFR(ファンディングレート)受け取りは2,500円、累計で+33,700円でした。



f:id:InvestorMana:20220124051620p:plain


デルニューやるなら【日本公式】Bybit (バイビット) | 暗号資産取引所


www.bybit.com



年利30%も夢じゃない暗号資産(仮想通貨)デルタニュートラル戦略


この戦略が上手くハマればビットコインの激しい価格変動を無視してボチボチのリターンを狙えます。


ボチボチと言っても年利10%~30%です。


デルタニュートラルとは、各オプションのデルタを加算するとゼロに近いポジションを構成することによりヘッジする方法です。


この年利30%も夢じゃない暗号資産(仮想通貨)デルタニュートラル戦略では


現物のビットコインを担保に同じ量のビットコインショート(売り)ポジションを持つことでデルタニュートラルな状態を作り


そこから得られるファンディングレート(資金調達率)でリターンを得ます。


ファンディングレート(資金調達率)とは後ほど紹介するBybitという取引所での手数料。

・日本時間の9:00、17:00、25:00の8時間毎に、自分が持っているポジションに対して手数料が貰える(OR取られる)

・ショートの時、ファンディングレート(資金調達率)がプラスなら手数料を受け取ることができる(マイナスなら取られる)

・2021年の平均値は0.03%、最頻値は0.01%

・多くは無いがマイナスの時期もある


2021年1月から2021年12月のファンディングレート(資金調達率)推移
f:id:InvestorMana:20220103092454p:plain
(赤ラインは平均値)


これは先ほども言ったように8時間毎のファンディングレート(資金調達率)なので


平均値の0.03%の場合、年利は30%を超えます。(0.03%×3回×365日=32.85%)


最頻値の0.01%でも、年利は10%を超えます。(0.01%×3回×365日=10.95%)


注意点は必ずマイナスの時期があるという事と、上記はバックデータ(過去の結果)ということ


リスクとしては海外取引所を使うので日本円に戻すまでの為替リスク、取引所閉鎖リスク、ファンディングレート(資金調達率)の変動などが挙げられます。


おおまかなフローは以下の手順になります。


f:id:InvestorMana:20210923113946p:plain


1.国内の取引所で現物のビットコインを購入する


まずはビットコインを所有するところからです。すでに持っている方は飛ばしてください。


国内の取引所口座を開設する必要があります。


ぶっちゃけどこの口座でも構いません。全てのステップにおいてこの口座開設に一番時間がかかるので迷う暇があるならサッサとやるのがコツです。


口座開設は無料でノーリスクです。


暗号資産(仮想通貨)が初めての方にはコインチェックが安心です。

コインチェック


口座開設完了したら日本円を入金してビットコインを購入しましょう。


【日本円を入金する】
f:id:InvestorMana:20220109062522p:plain


f:id:InvestorMana:20220109060819p:plain


銀行振り込み、コンビニ入金、クイック入金からお好きな方法で


【ビットコインを購入する】
初心者は販売所から手軽に購入するのが簡単です。


f:id:InvestorMana:20220109064421p:plain
①販売所(購入)
②BTCを選択
③数量を入力(画像は0.01BTC)
④金額を確認して購入


超かんたん。


ただし割高になってしまう傾向


なので少しでも損したくない方は取引所での購入に挑戦しましょう。
f:id:InvestorMana:20220109061839p:plain


f:id:InvestorMana:20220109065553p:plain
レートと数量を指定して注文します。

レートは右の赤枠の部分からクリックすることで反映させることも可能


なお取引所では販売所と違って注文してもすぐに購入できない場合があります。


どちらが良いとか悪いとかではなく長所短所を理解して利用しましょう。

コインチェック


2.Bybitへビットコインを送金する


次にビットコインをデルタニュートラルな状態にしてファンディングレート(資金調達率)を受け取るためにビットコインをBybitという海外の口座へ送ります。


まずはBybitの口座開設をします。
www.bybit.com


登録はもちろん無料でメールアドレスまたは電話番号の登録だけで5分もあれば完了します。


登録ができたら二段階認証を必ず済ませて下さい。大切なアナタの資産を守るためです。


f:id:InvestorMana:20210923094011p:plain


携帯番号での認証のコツは日本では+81に続くので頭の0ゼロを取って入れることです。


090-1111-2222の場合、+81 90 1111 2222です。


行き詰った場合はGoogle認証するのが簡単です。
アンドロイドGoogle 認証システム - Google Play のアプリ
iPhone‎「Google Authenticator」をApp Storeで


次に入金先のウォレットアドレスを確認します。


デリバティブアカウントに入金しましょう。


f:id:InvestorMana:20210923092919p:plain


f:id:InvestorMana:20210923095316p:plain


チェーンタイプがBTCになっていることを必ず確認してください。


ウォレットアドレスをコピーします。


コインチェックの口座画面にもどって送金指示をかけます。


f:id:InvestorMana:20220109071911p:plain
①暗号資産の送金
②ビットコインを送る
③送金先リストの編集
ラベルはお好みで構いません。私は『Bybit』としました。
新規宛先の欄に先ほどBybitでコピーしたウォレットアドレスを貼り付けます。


あとは作成した宛先を選択、送金額(BTC)を入力して送金ボタン
f:id:InvestorMana:20220109072629p:plain


送金指示が完了したらBybitの口座に着金するまで待ちます。


着金までタイムラグがありますのでドキドキします。


ここでウォレットアドレス間違いなどのミスをしているとビットコインは消えてしまいます。


と言ってもそんなに心配しなくてもチェーンタイプがBTCになっていることを必ず確認してウォレットアドレスをコピペすれば間違いありません。


3.インバース無期限のBTCUSDでレバレッジ1倍ショートする


無事に着金しましたか? ここまで来れば峠は越えたようなもの。手順はあと少しです。


f:id:InvestorMana:20211105055049p:plain


分離マージンのレバレッジ1倍を指定します。


f:id:InvestorMana:20210923101416p:plain


指値価格を入れて数量100%を指定して売り/ショートをクリック


f:id:InvestorMana:20210923101703p:plain


指値価格はチャートを見て近い価格を入力しておけば勝手に指さります。


注文が通ったら強制決済価格をチェック。999999となっていれば成功です。


f:id:InvestorMana:20210923102235p:plain


4.手数料が受け取れるまで待つ


ファンディングレート(資金調達率)は日本時間の9:00、17:00、25:00の8時間毎に、自分が持っているポジションに対して手数料が貰える(OR取られる)のですが実績が反映されるタイミングは9:00の一回です。


f:id:InvestorMana:20210923104006p:plain


日次の実現損益として反映。


デリバティブの資産履歴 ⇒ 入金 ⇒ その他から確認できます。


ファンディングレート(資金調達率)の確認方法


f:id:InvestorMana:20210923105322p:plain


このようにトップ画面からも確認できるのですがもう少し詳しく解説。


f:id:InvestorMana:20210923110100p:plain


契約情報のインバース無制限 基本データをクリックしてください。


f:id:InvestorMana:20210923110513p:plain


こちらの資金調達率履歴から過去のファンディングレート(資金調達率)が確認できます。


手数料として得たビットコインは手順3.の担保にすることが出来ますのでデルタニュートラルの源資として複利運用することが出来ます。


ビットコインのまま保有して積み立て感覚で保有するのも良いでしょう。


デルタニュートラルの解除はショートポジションを決済するだけです。


ファンディングレート(資金調達率)がマイナス続きになった場合などは一旦、引き上げた方が良いかも知れません。


日本円に戻すにはBybit口座から国内の口座にBTCを送金して取引所で売却しましょう。


これまでの逆の流れをするだけなのでここまで来れた方は問題なく日本円に戻せるでしょう。


あまりガチャガチャ動かしすぎると手数料負けしてしまいますので長期目線でじっくり運用するのが良いです。


ちなみにこの記事ではビットコイン前提で解説しましたがBybitでは他の暗号資産(仮想通貨)にも対応していますのでビットコイン以外でもOKです。


f:id:InvestorMana:20220109073158p:plain


各自お好みの通貨でチャレンジしてみてください。


はじめは少額で試してみて感覚を掴むのが良いです。


コインチェック


www.bybit.com


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ稼ぐブログランキング

プライバシーポリシー・お問い合わせ