関東一円、草刈3回6万円、k氏の相談付き(`・ω・´)キリッ!


太陽光投資で一番重要なのは良い業者を見つけること!良い業者、良い案件に出会うにはとにかく沢山の情報を得ること!【無料】で出来る資料請求だけでもして業者と繋がろう!良い案件を紹介して貰えるかも👇👇

太陽光投資の物件をアドバイス【無料】

《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

今なら限定「メンテナンスガイド」無料プレゼント中!【om’s】

稼働済み太陽光発電所をお持ちの方はこちら

インデックス投資をしている理由



 
 
Yes!インデックス!


まいど、まなSUNです。


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ


まなSUNは太陽光とつみたてNISAのハイブリッド投資をおススメします。それはどちらも偶然!?20年という期間を最大限に使ってリターンを最大化させるという非常に相性の良いマッチングだからです。


私はインデックス投資をつみたてNISA枠を利用して行っています。これは私が貯金が苦手だからです。意思が弱いというか、キャッシュで持ってるとついつい使ってしまうからです。


しかし、それがつみたてNISAをはじめたおかげで無理なく貯めることに成功しています。


それはお金を一度証券口座に移してしまったり、株や投資信託に変えてしまうと現金化するのが面倒になるからです。なのでこんな意思の弱い自分でもコツコツとつみたてることが可能になりました。


たしかにキャッシュで貯めておいて次の太陽光発電所や不動産への投資の軍資金にするというのも大アリです。でもこの先そんなチャンスがあるかどうかなんて分かりません。


あったとしたらその時に現金化するかどうか考えれば良いだけです。iDeCoと違って売却タイミングは自由ですから。


まなSUNと同じように貯金が苦手、持ってるとついついお金を無駄遣いをしてしまうといったアナタなら太陽光発電で得たキャッシュフローはつみたてNISA枠を満額(年間40万)埋めることから検討しましょう。


夫婦でやれば二人ぶんなので年間80万は非課税枠でつみたてることが出来ます。太陽光発電所を夫婦で四基持つことができれば本業の収入には一切手を付けずに太陽光発電のキャッシュフローだけで満額つみたてることだって可能になります。




おっ!太陽光発電はじめることに決めましたか!?おめでとうございます。ん?なになに?アナタは今月はじめて連系しましたか!おめでとうございます。


アナタもいよいよ毎月チャリチャリお金が入ってきますね~。で、どうします?そのお金。


散財しても良いんですがその気持ち良くわかるんですが、そこをぐっとこらえてさらに増やすこと考えませんか?さすがに今すぐその太陽光のチャリチャリだけではFIREもままならないでしょう。


それなのに散財してしまってはせっかくの資産を手に入れたのに一生働き詰めのラットレースからは抜け出すことが出来ません。これからの時代いくつになっても定年退職なんて日は向こうからはやってきません。


だから作りましょう。『自分定年』


さもないと人生100年時代なんて言われながら100歳になっても働かされ続きますよ。


ちょうど太陽光発電とつみたてNISAって20年間のマラソンです。ながいながい持久走になっちゃいますがそれでもきちんとゴールがあります。そのゴールで見事リタイヤできれば上出来じゃないですか。


夫婦でつみたてNISAを満額(年間80万)20年間。これを平均年利5%で複利計算してみると

f:id:InvestorMana:20201029050102p:plain
投資額に対し資産は1.7倍に


投資元本は1,600万


運用収益は1,140万


あわせて2,740万です。


こちらでシミュレーションできます。
資産運用シミュレーション : 金融庁



さらにこの頃には太陽光発電もラスト5年のボーナスラッシュに突入してるわけですから太陽光発電所一基につきプラス1,000万です。四基で4,000万。


これでアナタの老後は安泰というわけです。


しかもこれ今やると決めて行動するだけで、始めることさえすれば、あとはほとんど不労所得です。本業の邪魔になりません。


ただし、当たり前ですが始めなければ一銭にもなりません。


どちらもの場合も本業はめっちゃ稼いで稼いで稼ぎまくるのが資産形成には一番効率が良いことは確かです。しかしさらにそこからプラスアルファして不労所得の副収入があるかないか。


これで将来おおきな差が生まれます。さぁアナタの人生、どちらを選びますか。


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ