信用毀損なんか気にしなくて良いサラリーマン太陽光発電家



 
 

f:id:InvestorMana:20201014045203p:plain
信用毀損なんか気にしなくて良いサラリーマン太陽光発電家


まいど、まなSUNです。


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ


信用毀損なんか気にしなくて良いサラリーマン太陽光発電家


サラリーマンが副業で野立て太陽光発電所へ投資する場合、信用毀損なんか気にしなくて良いです。


なぜならサラリーマンの与信なんて宝の持ち腐れ。一生使わずに終わっていく人のほうが多いから。


サラリーマンにとって太陽光発電に挑戦するってことはその眠れる宝(与信)を呼び起こして有効活用するということです。


サラリーマンなら太陽光発電へチャレンジして毀損させられる信用があるならドンドンさせるべきです。


というのも逆に太陽光発電にすら投資できない儲ける感覚が分からないサラリーマンが不動産投資や、まして他のビジネスを借金してまで立ち上げようという感覚に将来的になるでしょうか?


あり得ません。そんな万が一にも起きるはずのない場面に備えてアナタがその信用を温存しておくことに何の価値があるのでしょう?


今までもそういうあり得ない場面の想像ばかりして、あれこれ考えるだけで結局なにも行動に移せない。あたまデッカチになっていた経験ありませんか。


そうやって足踏みしてばかり。チャンスを逃す機会損失のほうが大きいです。その信用を躊躇せず使った場合と使わ(使え)なかった場合を比べると。


特にこのFIT(固定買取価格)制度という国のサブリース付き太陽光発電ビジネスというのは。




野立て太陽光発電所への投資は高額な費用がかかる為、現金ニコニコ払いできる人はなかなか居ません。


特にサラリーマンであればすぐに用意できる金額ではないので。だから金融機関から借りて取り組むことを考えます。


そしてここで良く言われるのが信用毀損です。太陽光発電所の土地や設備は担保価値が低いため、不動産投資にくらべ信用毀損が起きやすい。


要するに金融機関から発電所は負債。不動産は資産と見られるわけですね。


ただ、この考えにシビアにならないといけないのは今後も金融機関からお金を借りる必要がある人だけです。例えば自営業者や社長さんです。


彼らは今後もお金を借りて事業を回す、大きくするってことをずっと考えていかないとアカンから。


でもサラリーマンである我々にはその必要がない。


だから使わずに眠らせて腐らせてしまうくらいの信用なら太陽光発電のようなビッグチャンスには躊躇せず使ってしまった方が


一生使わずに終わっていく事を思えば、有意義な行為なのです。


つまりサラリーマンが副業で野立て太陽光発電所へ投資する場合、信用毀損なんか気にしなくて良いんです。


信用毀損を心配して始められないのは本末転倒。それよりもまずは一歩を踏み出すことが重要です。


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ