いくらまで借りる事が出来るのか?



f:id:InvestorMana:20200520120534p:plain
いくらまで借りる事が出来るのか?
 
 
火災現場から逃げる夢(寝ているときに見る方)を見ました。なんで夢の中ってあんなに逃げ足が遅いのでしょう、、、


どうも、まなSUNです。


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ


不動産や太陽光を始める場合キャッシュでできる人って少ない。たいていは金融機関からの借り入れで参入するって流れです。レバレッジを効かすというヤツ。そこで、しばしば浮上するのが一体自分はいくらまで借りる事が出来るのか?という疑問。


これは前も言いましたが、自分で決めれる事ではないしケースバイケースなので悩むだけムダです。ましてや他の先輩投資家たちに質問するなんて愚の骨頂です。お互いの時間がムダになりますし、もし◯◯◯万ならいけますよってアドバイス貰ったところでそこに何の意味があるのでしょう?


それを信じて金融機関に持ち込んでダメだった場合どうにかしてくれるのでしょうか?逆に融資OK出たとして果たしてそれが限界値だったのかも分からないのです。それとも先輩のアドバイスはもしかしてアレですか?お祈りかおまじないか何かの代わりでしょうか。


はっきり言って事業や投資というのはそういうお祈りとかおまじないのようなフワッとした部分を徹底的に排除してロジカルに進めないと無理だと思うんです。徹底的に計算しつくして最後に神頼みはアリだと思いますケド。


そもそも借入可能額からの逆算で進めるというのは目的と手段が入れ替わってしまっている証拠で、本来であれば描いている将来像からの逆算であるべきだと私は思います。つまり将来的に◯◯したい。そのためには××を△△する必要があり、その為に必要な資金はこれだけです。


だから貸して下さい。その為には何をどうすれば良いでしょうか?、これがまともな質問です。それだと例えば事業見通しについて甘さがあるようであれば事業戦略の見直し、資金繰りに問題が出そうであれば頭金や預貯金の確保、与信が足りない部分は担保で補うなど


より適切で具体的なアドバイスが貰える可能性は高まります。


逆にそういう人間というか、事業に対してじゃないと貸す側も無理でしょう?もしアナタがもし貸す側だったとして考えてもみて下さい。いくらまでなら借りる事が出来ますかね?なんて聞かれたらそんなフワッとした動機で来るヤツにこの大事なお金を貸せますか?


だから不動産でも太陽光でもクソ案件を掴まされるサラリーマンが一定数、後を絶たないんです。そういった甘い考えの元で動くから。


結局アドバイスをくれた先輩ガー、とか不動産屋ガーって他人のせいにするんです。時すでに遅しです。全責任はアナタです。まなSUNも分譲で太陽光買うし信販ローンです。はっきり言って他力本願の丸投げです。全て自分でやるわけにはいきませんから。


餅は餅屋です。


でも舵を切るのは自分です。決定権は自分にあります。そして決めたらあとは周りのプロに任せる。そういう考えなので他人のせいにはしません。


ですからアナタもいくらまで借りる事が出来るのか?なんてアホみたいな質問ばっかりせんと、しっかりとした目的とその根拠をちゃんと持って借りるべき金額を明確にし、どうすればその金額を融資受けられるのか?を考えて下さい。


周りを見れば多数の不動産や太陽光を所有してる人が居ますので憧れる気持ちは分かります。でも焦ってはいけません。あの人たちだって最初からあんなに所有していたわけではありません。きっとひとつずつ実績と信用を積み重ねてきた結果ではないでしょうか?


そうすることで融資の限界を何度も突破して来たからではないでしょうか?という事はやはり最初からいくらまでなら借りる事が出来るのか?という質問には答えても意味が無いムダな相談だと言えます。


それより大切なのはアナタの当事者意識と急がば回れの心構えなのです。


信じるか信じないかはアナタ次第!
レッツ!インベスト!


👇👇応援クリックお願いします👇👇
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ